外為取引のパターンには取引所取引という取引がございます。日常的の外為(FX)業者と商売を行うことを「店頭取引」と言いますがこの取引は取引所を通さないで売り買いの対象はFX企業になります。「取引所取引」というのは外為取引業者はとはいっても仲介であるのでストレートの売り買いペアは取引所との事になるのです。この相違をここでいくらか比べてみます。開口一番「店頭取引」のケースは預託しているお金はFX業者に束ねされているのです。片や「取引所取引」の場面、お金は全ての額取引所に預託しなければならないと義務にされているのです。仮にFX業者がパンクするなんていう経験があったとしても、後者は、取引所によって証拠金が総額守護してもらうことになっています。前者の場合はFX会社がコントロールしているから、経済環境により会社経営破たんの跳ね返りをに及び託していた証拠金は擁護されずにいくのかもという可能性があります。及び税金を考慮しても両者に関しては条項に差異が見受けられます。「店頭取引」では、変動利益やスワップポイントなどを雑所得として月給と一緒に計算して申し出をしなければなりません。けれども確定申告しなくても済む機会もあるみたいですので自己に当てはまるか否か十分確認をお願いします。もしもアナタが会社員で年俸2000万円以下、給与の所得をはみ出した手取りが二十万円以下(2社以上の会社から給料の所得がないこと)といった条項を守っているのなら特例で確定申告はする必要がないです。外為(FX)もうけが20万円以上のケースは確定申告してください。税率は儲けに付随して5〜40パーセントの6個の段階に分割されていて、実収が高いならばタックスも高騰します。「取引所取引」については、利益がそれ以外の収益とは別で考えておいて「申告分離課税」の的になってしまうでしょう。税率はすべて20%となりますが万一赤字が確かになったという事なら「取引所取引」のメリットとして損金分を翌年以降に先送りが可能です。上記から見ても、「取引所取引」の方が価格が少ない税率になる時というのもありますので検討してみて考えた方が良いと思います。特に新参者の方は、ジャスダック株価の変化や円の動きに常に気を配り、利潤や損金分に手に汗にぎる事によって、税金を払うという事態を忘れてしまいがちなってしまうこともありますので、気をつけましょう。赤字は困るのですが、実収が多くなれば税金においても増えるので意識と実感をもつ事がポイントな点ですね。